名古屋市天白・里親を探している待ちねこの会
待ちねこの会(ホーム)
募集猫たち
しあわせ猫たち
しあわせ猫たち
里親さんになる前に
里親さんへのお願い
メンバー紹介
活動報告
ご支援協力のお願い
シェルター
闘病している猫
お問合せ
リンク
 分からなくなったら
迎え方
rinkfree
Facebookでも猫たちを紹介しています
 
メンバー紹介

  1匹のノラ猫を放っておくと1年間で30匹の猫が産まれていることに。産まれた猫
は病気、ケガで命を落とすこともあれば、行政機関に持ち込まれ殺処分されること
もあります。猫の数が増えていけば環境衛生の問題ともなり、人と人との感情の対
立も生じやすくなります。ノラ猫に避妊・去勢手術をおこなって増えないようにし
、一代限りの命を優しく見守っていく-不幸な運命の猫を増やさないで環境衛生も
良くなる―近所で暮らしている猫を通じてコミュニティが生まれます。続けていく
うちには様々な問題に対面しますが、解決に向かう取り組みもまた、新しい発見に
と繋がります。Leeloo(リールー)はお住まいの方がおこなう地域猫活動を支援し
ます。 
 

  ノラ猫は本来、野生動物ではなくペット。人に寄り添い共に生きていく動物です。
すべてのノラ猫たちが家のなかで暮らせるように、幸せな生活ができるようにと願
うも、残念ながらそれは不可能なことです。せめて人に馴れた猫と子猫は飼い主さ
んを探してあげたいと願います。飢え、暑さ寒さ、病気、交通事故から命を守って
、また外で生活する猫を減らす手立てです。
 

  しあわせに生きるために生まれてきて命。小さな命だけど同じ命。活動地域におい
て病気、ケガなどで治療を要する猫の一時療養をし、継続して治療の必要な猫の保
護をしています。しかし、治療には過大な費用と労力を必要とし精神的負担がのし
かかります。一定の個人と団体の力だけではとても足りるものではありません。そ
れぞれの人の少しずつの負担が小さな命の手助けとなります。
 

  すべてのノラ猫に避妊・去勢手術を-みなさんの力を集め、一人一人ができること
をして、不幸なノラ猫を減らしていくシステムです。実際にノラ猫を保護して避妊
・去勢手術を実施する人、動物病院に猫を運び元の場所に戻すお手伝いなどをする
人、自ら手術をすることは難しいけれど何かしたいと手術費用の援助をする人。
Leeloo(リールー)はみなさまからいただいたご寄付は責任をもってこのシステム
に活かしていきます。
  名古屋市動物愛護センターには飼えなくなったり、負傷したり親から見放された子
猫たちが多く収容されています。しかし、現在のところは収容数を超えればやむな
く殺処分されるのが現実です。個々の力量の余裕のある限り、収容された猫の引き
取りをして育て里親さんへ渡す譲渡ボランティアの活動をおこなっています。名古
屋市と協働し殺処分ゼロを目指していきます。
 
▲ページのトップへ戻る
Copyright © 2012 machineko All Rights Reserved.