名古屋市天白・里親を探している待ちねこの会
待ちねこの会(ホーム)
待ちねこの会について
募集猫たち
しあわせ猫たち
しあわせ猫たち
里親さんになる前に
里親さんへのお願い
メンバー紹介
活動報告
ご支援協力のお願い
シェルター
闘病している猫
お問合せ
リンク
 分からなくなったら
迎え方
rinkfree
Facebookでも猫たちを紹介しています
 
しあわせ猫たち
闘病している猫たち
名前 性別 年齢 病   名
メス 8か月  横隔膜ヘルニア
ちこ メス 1才3か月  食道狭窄
まみ メス 1才3か月  胸水、腹水
アイ メス 1才半  水晶体破裂
なつ メス 2才  漏斗胸
ショウ オス 3才  膀胱収縮不全の疑い
ポコ オス 4才  パルボ後遺症、小脳成形不全
 

 2013年2月 ちこを保護

保護した時は、餌を与えても食べる
ことができず、病院にかけつけ診て
もらいました。

バリウムを使ったレントゲン撮影の
結果、胎児のうちに消滅するはずの
心臓の血管の一部が残って生まれ
てきたため、その血管が食道を圧迫
して狭窄をきたしているとのことでした。

圧迫しているものが心臓の一部であ
るため、取り除く手術は難しいとのこ
とでした。

この日から、一日5回の流動食を与
えました。

2013年 秋

これまでa/d缶と高カロリーの流動食しか食べることが出来なかったのですが、この頃よりカルカンパウチ子猫用をつぶしたものでも食道を通るようになってきました。

夏には原因不明の発熱と下痢が数週間続き体力は低下。腹膜炎の検査が陽性と判明したため、発症を防ぐためにインターフェロンを6回投与し、ようやく回復をしたのでした。

パウチをつぶしてもらってます ご飯が通りやすいように高くしています
 
ペロリ! おいしい~! 遊び相手のお兄さん猫と一緒

2014年

およそ1才と3か月。発熱などもなく元気です。やはり、体は細いままですが、このホームページから連絡をくださった、同じ病気にある猫の飼い主さんのアドバイスも支えとなりながら、生きていくことが出来ています。



不妊手術を無事に終えました。




ご飯はウェットフード子猫用をミキサーですりつぶしたもの。
すりつぶさないものを食べると小さな塊でも嚥下できないので吐いてしまいます。
落ちているものを拾って食べてしまわないよう、常に気をつけています。

ちこ6 ちこ7
 
【ちこの動画】
 
▲ページのトップへ戻る
Copyright © 2012 machineko All Rights Reserved.